2017年3月18日土曜日

信Onで、もう多分戻ってこないあの知人との忘れられない思い出1

自分が引退しているのにこの題で書くのはちょっとおかしいのですが、
引退直前の気持ちに戻って書くことにしましょう。

という感じで、
お前も戻ってきてないじゃん、と突っ込まれないように保険を置いてスタート。




第1話は信Onを始めて間もない頃の話です。
しかも本当に戻ってきていないかどうかは、実はわからない話です。
とりあえずここに謝っておきたいもんで、
題と少しずれるかもしれない話を書きまする。


わたしが信Onを始めたのはそんなに古くはなくて
新星のPS3版が出たときでした。

その前までは白騎士物語という別のゲームをやっていたのですが、
白騎士がギルドを実装したあたりで、ちょうど嫌になってしまっていたタイミングでした。
もともと白騎士は、知らない人とオートマッチングでガンガン組まされるゲームだったのですが、
ギルドのせいで、かなりそうではないゲームになってしまい、嫌になっていました。

そんなとき某掲示板の白騎士のスレッドで
「みんなで信On行けばいい」みたいなカキコミを読みました。

わたしは信Onというものの存在すら知らなかったので、
「シンオン」って何ぞ?と読み間違えつつ興味を抱きました。
調べてみると「シンオン」は実際には「ノブオン」だったわけですが、
まあまあ面白そうだったので、とりあえずやってみました。

当時は隠れ里が存在していた時代でした。
わたしは、どの職業にもそれぞれ魅力を感じてしまい、
あるキャラで隠れ里クエを終えた頃にどうしても職業を変えたくなってしまう、というのを
数十回繰り返しました。
職業変更はありませんからキャラデリして1からやり直します。
そうやって、洞窟ALLまでを数十回繰り返しました。(馬鹿)
職業は8つしかありませんから、
やっぱり元の職業に戻そう! とか何回もしたりしているわけです。
まだ外の広い世界を知らないというのは怖いものです。
しかも、今思うとあんな面倒な洞窟クエは、そもそもやらなくてもよかった気がします。
今なら、その前までで仕官しても別に構わない、と分かるのですが、
当時は、どこかで「絶対やったほうがいい」と読んだのを真に受けたわけです。



で、「マゾイ隠れ里数十回無駄に繰り返しプレイ」の最後の1回の
たしか四神もどきあたりから、
Iさん(イニシャル)という方と、なんとなくずっとご一緒しました。
四神もどきALL募集と洞窟ALL募集の2回で連続して同じ徒党に入っただけなので、
知り合いでも何でも無くても、簡単に起きうることです。
里四神が終わるタイミングが一緒なのですから、
続けて洞窟までやれば一緒になるのは不思議ではありません。
というわけで、
まだ「友だちになった」という感じでは全然ありませんでした。
したがって、洞窟ALLが終わったあとも、
相談して同じ国に仕官するようなことなどはありませんでした。



仕官後、しばらくは1人で案内役の連続クエストをこなしていました。
ご存じの通り、
里山熊を3体倒したり、奈良や鎌倉の大仏まで走らされたり、
いろいろやらされました。
何も知らないド素人にとって、最初の難関は
廃城の主を3体倒せ、でした。
今となってはどうやって徒党に入れてもらったのか覚えていませんが、
数日の、どうしていいかわからない日々を経て、
ようやく、武功ハンター半分、素人半分みたいな徒党(だったと思う)で
廃城を巡ることになりました。


その徒党でIさんと奇跡的にまた一緒になりました。


わたしは隠れ里を何十周もしているので
Iさんに対して、名前見たことある、ぐらいの記憶でしたが
Iさんは、わりとちゃんとわたしのことを覚えていました。

廃城3体の方は、鉄砲の強い人が土竜で簡単に倒してしまいました。
3箇所目が終わったところで蜘蛛の子を散らすように解散となってしまい
どうやって自分の国まで帰ればいいのかさっぱりわからなかったことが
大変印象に残っております。
なぜか私は馬を使わずにひたすら走って帰りました。
どの国からどの国へどうつながっているのかイマイチよくわからず
かなり無駄に長い時間走りました。

走っているときに、Iさんから対話が来ました。
「この後、一緒に行かない?」という主旨でした。
返事の仕方が分からないので、シカトしているような感じになってしまったのですが、
それを察したIさんは、個人への対話のやり方を丁寧に教えてくれました。
そこまでしてくれたIさんの誘いを断るという選択肢は
わたしには当然存在しませんでした。

廃城の後は、特化目録クエでした。
最初の敵はたしか昇仙峡の犬でした。
昇仙峡に飛ぶと、Iさんが待っていました。
そこから一緒にクエを進めていきました。
隠れ里のときは、同じ初心者だと思っていましたが、
話していると、全然初心者ではないということが容易に感じ取れました。
わたしのそのときのキャラの職は僧で、
特化クエで特化を選ぶことになったので仏門を選びました。

諸芸の達人の元へ走って戻って、
次の金山へ行くとやはりIさんが待っていました。
わたしのことを待たないでガンガン進めていけば
Iさんなら、
こんなチュートリアル的な連続クエストを早く終えることができると思うのですが、
わざわざずーっと一緒に行ってくれました。
国が別なので、1戦ごとに別れ別れになるのですが、
次のボスのスタート地点に飛ぶと、いつも先に待っていました。


そんな感じで友だちになりました。
わたしが知人の登録という機能を最初に使った相手は、Iさんでした。






そこからどのぐらいの日にちが経過してからか忘れてしまいましたが、
ご存じの通り、信Onは1つのアカにつき3キャラ作れますので、
そろそろ別キャラを育ててみることにしました。

ここでわたしはあることを思いつきました。
それは、Iさんに内緒で別キャラを急いで育てて、
まあまあのところまで育ったキャラをいきなり見せてビックリさせよう、ということでした。
職はたしか神職か忍者でしたが、どっちだったかは忘れました。
どうやら知人登録はキャラ別ということで、
秘密作戦は遂行出来そうでした。




その神職か忍者を、何日くらいかけてどのぐらいまで育てたかは忘れましたが、
秘密秘密のうちに、ある程度プレイし続けた後
そろそろIさんを驚かせようということに決めました。
どうやってIさんを探せばいいのかわからないので、
ファーストキャラの僧で、まずインしました。
その日はインしていないようでした。



ところが
次の日も
その次の日も
知人欄のIさんの名前は
一向に光らないのでした。


何年経っても、
光りませんでした。
しばらくすると
検索とかの使い方がわかりましたので
色々な方法でも探しましたが、全く見つかりませんでした。



単純に引退しまったのでしょうか。

それとも
Iさんは全然初心者ではなかったので
PS3版が出て賑わいを見せた隠れ里に新キャラを作ってちょっと遊んでみたものの
そこで出来た新しい知人が突然行方不明になってしまったので、
それを区切りに元のガチキャラでのプレイの方へ戻ってしまわれたのでしょうか。

真相は分かりません。

こうなると分かっていれば
言ってから別キャラやればよかったのですが、
後悔先に立たず。


黙って消えて、すみませんでした。




結局、その後Iさんと再会することは今日まで1度もありません。


もう一生会うことはないのでしょう。





わたしがキャラ名を晒してブログを書いている理由の一つは
もしかすると
Iさんに再び会うため、かもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿